HOME

間取り〜3DCG〜積算まで連動するシリーズの集大成

建築用見積ソフト「みつもり〜な」もセットされています。


動くプレゼン「Xファイルビューワ」で施主様と、抜群のコミュニケーション
(32ビット・64ビット版両対応)



パワーパックに[みつもり〜な]をプラス!


詳しい資料やお問い合わせはこちらから
自動作図機能
平面図:屋根伏図:立面図:外観パース:内観パース:鳥瞰図:展開図:平面詳細図:矩計詳細図:敷地図:配置図:基礎伏図:土台伏図:柱伏図:小屋伏図:電気設備図:給排水設備図

3DCGウォークスルー自動作成・Xファイル出力
CD−Rで動くプレゼンができます。

          その他の機能
積算用部材自動拾い出し機能
積算ソフト「みつもり〜な」:標準搭載
JW_CAD連動「変換マジック」標準搭載

お手頃価格販売中
3D−CG作成ソフト「CG ホーム」が完全連動!
サブ画面で3D−CGを見ながら設計作業ができます。


作成した、立面図・平面詳細図は、JW_CADへも一発転送

「CG ホーム」は、「SPACEホーム」で作成した図面を自動的にフルカラー3D−CG動画で表示・印刷することができます。平面図の入力途中でもカラー立体画像を表示して確認することができます。

システムパックに含まれている機能
ペストセラー建築3次元CAD「SPACEホーム」の本体です。平面・屋根入力だけで立面・平面詳細等が自動作成できます。構造図や見積「みつもり〜な」まで完全連動する究極の住宅総合3次元CAD
メインシステムで作成した平面図と屋根伏図を在来工法構造図に自動変換します。また積算部材を自動集計します。
※構造計算ソフトではありません。

「SPACEホーム」シリーズのCAD図面をそのまま3D−CG化することができます。読み込むだけで、リアルタイムウォークスルーやテクスチャの変更等、信じられない程のパフォーマンスで、お客様の心を離しません。
建築用の積算ソフトです。
SPACEホームで集計した部材のうち、必要なものだけを取込集計し見積書作成ができます。

単独動作も可能です。

JW_CADやDXF形式の図面も読み込み着色できます。背面着色や、メッシュ変形着色等、独自の強力な機能を備えています。

CGホームで作成したDirectX形式ファイルや他のXファイルを3D表示する事ができます。
CD−Rにデータとセットでコピーして配布する事ができます。
誰にでも3DCG画像を回転させて自由に見ていただく事ができます。
自動作図した平面詳細図や立面図を一発でJW_CAD画面に転送表示する機能
間取り入力だけで、平面図・平面詳細図・立面図・3DCG鳥瞰図ができます。
特殊な入力は必要ありません。鳥瞰図を確認しながら簡単に入力できます。
超簡単入力が,自慢です!!!
高機能自動変換!
平面図と屋根伏図を入力するだけで、「立面図」「外観パース」「内観パース」「鳥瞰図」「展開図」「平面詳細図(在来工法)」に、ほんの数秒で自動変換します。DXFデータは、JW_CADとも完全連動!「変換マジック」

特に「平面詳細図」の仕上がりは、建築意匠設計のプロに高い評価を得ています。

「在来工法 矩計詳細図」「敷地図」「配置図」も基本入力だけで、自動作図します。

オプションの「構造図システム」や「積算システム」にも連動する拡張性の高い、総合建築3次元CADとして高い評価を頂いています。




  • 基本設定で、設定したグリッドを基準にマウスが動くので、CADに不慣れな方でも簡単に入力することができます。例えば、1800mmのモジュールに設定した場合は、900/450/300/150/75/37.5/のピッチ又は、フリーで動きます。
  • 壁やドア等の収まりも自動判断するので、画面上の表示図面は非常にシンプルなものになっています。
  • 実際の図面は、印刷時やDXF変換時に建築図面に変換され、出力されます。 在来工法の場合は、和室の回りは真壁に、洋室の回りは大壁として自動作図され、間柱も自動的に記入されて印刷されます。
  • 寸法線を入力すると、寸法値も自動的に記入されます。
立面図サンプル画像 平面詳細図サンプル画像
設計図面が同時に!「立面図」・「平面詳細図」これがすごい!!

1/100用平面図 1/50用平面詳細図
壁塗りつぶし 壁白抜き 超高速自動計算!
  • 「SPACEホーム」は、簡単入力と共に「高速計算」を最も重視しています。度重なる設計変更にも、「高速計算」が絶大な威力を発揮します。
  • 「立面図」は、4面とも同時に自動計算され、ほぼ瞬時に画面に表示されます。
  • 「外観パース」や「鳥瞰図」は、視点位置を360度回転できるので、多彩な表現が可能です。
立面図表示画面 ベクトル外観パース画面
矩計詳細図 敷地図

ボタン



一発!
SPACEホーム CGホーム JW_WIN Auto CAD
多くの有名CADと一発連動します。
自動的に移行するので、全く同一のCADで設計している感覚です。
JW_WIN・HO−CAD・AutoCAD・DRA−CAD・VctorWorks...
その他、DXFをサポートしている多くのCADで動作確認済み

3D-CGも常に自動作成されています。
サンプルは「CGホームPRO」のページにも多く用意しております。


CD−Rだけで「動かせる3DCGプレゼン」
施主様の信頼を勝ち取る、最高のコミュニケーションが可能です。
CGホームproやSPACEホームで作成したXファイル形式の3DCGをCD−Rに保存して、施主様にお渡ししてください。

ビューワとデータがセットになっているので、CD−RのままWINDOWSのパソコンなら動作します。
マウス操作で、自由自在にウォークスルーしたり、異なる3Dファイルを比較検討していただく事ができます。

施主様の信頼を勝ち取る、最高のコミュニケーションツールとしてご利用ください。


※ ビューワはフリーウェアとして公開しています。 他のソフトウェアーで作成したXファイルを表示印刷する事もできます。
「住宅のプランができました」
「まあ、うれしい! はやくみたいわ・・・」

「ぼくの部屋は、こんなレイアウトで・・・・・・」


「CD−Rでお渡ししますので、ご自宅のパソコンで確かめてください」
「部屋に入ったり、自由に歩けますよ」


「見るためのソフト Xファイルビューワ3D住宅データが入ってますので、自由にご利用下さい」

「えっ! 家の中を...歩く?」
「そんな事できるのかな??」




「これは」すごい!! マウスだけでくるくる回る」
「ゲームみたい・・」
「上から下からどこへでもいける!」
「いろんな間取りも一度に見えるのね」

「ここまでしてくれる業者には、安心してお願いできそう..」




マウスで自由自在に動かせます。
自動回転や複数ファイルも同時表示


面積集計表の表示とCSV出力 建具表の表示とCSV出力
CSV出力できるので、EXCEL等で読み込み、集計することができます。入力した各部屋の床・壁・天井の面積一覧表(建具面積も差引済み)
CSV出力できるので、EXCEL等で読み込み、集計することができます。
入力した建具のサイズ仕様の一覧表・面積計算もできます。

屋根面積他の構造材
土台・管柱等、材種やサイズ変更できます。(図面と完全連動)


必要システム

パソコン本体
Windows10/8.1/8/7/Vista /XPが動作するもの。
メモリ
各Windowsが推奨する容量。又はそれ以上余裕を持ってください。
マウス
ディスプレイ
推奨800X600以上。640X480では一部制限があります。
ハードディスク
プログラム導入用に100MB,作業用の空き容量100MB以上
ディスクドライブ
導入用にCD−ROM
出力機器
Windowsをサポートしたドライバー対応のプリンタ・プロッタ。又は、HP−GL/GP−GL対応プロッタなら、直接印刷できます。


基本機能

図面種類
平面図:屋根伏図:立面図:外観パース:内観パース:鳥瞰図:展開図:平面詳細図:矩計詳細図:敷地図:配置図:3D-CGパース
構造図 (基礎図:土台伏図:柱伏図:小屋伏図:電気設備図:給排水設備図)
DXF/SXF出力
SXF形式:DXF形式
DXFバージョンR13J対応:JW_CADでは、文字を含めて完全に読み込む事ができます。SXF2.0
BMP出力
平面図:屋根伏図:立面図:外観パース:内観パース:鳥瞰図
画面上でも着色して印刷することができます。3D-CGパース
CG出力
DirectX標準形式(DirectXファイルビューワ(標準搭載)で表示確認できます。)
3D-DXF(3DFace)で出力保存可能。
平面図自動変換
入力画面の平面図は、「在来工法」「塗りつぶし」「白抜き」の3タイプを選択して自動変換印刷できます。「平面詳細図」は在来工法のみ。DXF変換出力も同様に変換できます。
最大作図範囲
各階は、別レイヤに作図するので「各階それぞれ50mX30mまで」
最大階数
5階まで
建物構造
平面図は、基本的には「在来工法」ですが、「壁白抜き」「壁塗りつぶし」を選択すれば、2X4/RC等の図面として使用できます。
その他
*提供メディアは、CD−ROMです。